愛する社員を守るんだ。

食事による健康経営の仕組み

​美味しさで

オフィスを

ハッピーに

社員の健康増進を図る皆様へ

「健康経営」という考え方を採用し、単なる福利厚生に留まらず、「投資」として従業員の健康増進に積極的に取り組む企業が増えてきており、そうした動きを国も認定制度を設けるなど後押しをしています。

 

また新卒者、その親を対象にしたアンケート結果で「従業員の働き方に注意を払っている」「福利厚生に力を入れている」といった項目が上位を占めるなど健康経営推進は雇用戦略上もますます重要度を増しています。

神戸の「食」ネットワークで支援する
御社の健康経営

忙しいビジネスパーソンこそ、栄養バランスのとれた食事を。

​神戸の食のネットワークから上質な食事と体験をお届けします。

健康的な生活習慣を身に付ける事で、結果的に仕事でもモチベーション高く、始業時間から十分なパフォーマンスが発揮できます。

 

Pick up!

1

- 私たちの問題意識 -

朝食の効果と現状

朝食には睡眠中に低下した体温を上昇させて、休んでいた脳や身体機能を ウォーミングアップさせる効果が!

朝から集中、で生産性アップを期待!

ところが男女とも特に「若手」が欠食率が高い調査結果に。

男性はなんと40歳代まで高い傾向にあります。


別の調査では喫食しない理由として「習慣が無い」が第一位。

朝食を食べたくても

"習慣を変える事ができない"

が最大の課題となっています。

朝食で特に取るべき栄養

1. でんぷん質を含む炭水化物・・脳のエネルギー補充

2. タンパク質 ・・・・・・・・・体温を上昇させる効果

3. ビタミン、ミネラル ・・・・・脳がブドウ糖を消費するときに必要

 

「明治の食育」より

 

Pick up!

2

- 私たちの問題意識 -

現代人の野菜不足

厚生労働省の指針(国民の健康・栄養調査、2015年)によると、 成人が1日に必要な野菜は350g。しかし実際の摂取量は293gしかありません。この数字は全世代の平均値で、20代、30代はさらに低くなっています。

現代人の大半は野菜不足

の状態にあると言えます。

 
「食べたくなる」きっかけを提供し、
社員様の行動を変えていきます。

Farm to Office Kobe が提供するサービス

「食べたくなる」朝食スープの提供

地元農家の野菜を使用し、神戸の腕利きシェフ&栄養士が本サービス専用にレシピ開発したレトルトスープをオフィスにストック。

食べたくなる」ハイレベルな料理だからこそ、またオフィスで気軽に食べる事のできる環境を提供するからこそ、欠食しがちな朝食を習慣化させ社員の皆様の健康増進、モチベーションアップを図ります。

KNOT 藤葉シェフ

野菜を「食べたくなる」仕掛け

農地ツアー

生産者と交流し、食のストーリーを五感で感じる機会を提供します。また他のヘルスケア事業者と共同で農地でのウォーキングや運動プログラムを実施

※神戸市のMY CONDITION KOBEと連携予定

神戸野菜を自宅でも

予約制で神戸の新鮮野菜BOXをリーズナブルにオフィスまでお届けします。またイベントとしてオフィスマルシェの実施なども可能です。

 

管理栄養士によるオフィスでのセミナーの実施

 

※各サービス利用時は別途費用が発生します。

 
Farm to Office
Kobe ​の
サービスの特徴
DSC05198.JPG

私達のスープは、「美味しいもので健康づくりに貢献したい」という農家、シェフ、栄養士や製造スタッフのチームで丁寧に作られています。

そんな、味覚だけでなく心までほっと温まるようなスープが提供されるオフィス。社員を大切に想う会社と、そんな会社を誇りに思う社員の気持ちを繋げていきます。

​企業様の”想い”を伝えます

パソコンとスープ.jpg

シェフや生産者、加工業者など、幅広い食のネットワークが弊社の強み。

 

神戸ならではの立地を活かし直接生産者や農地、野菜と触れ合える体験を通じて、ストレス軽減、食生活を改善していくきっかけを提供します。

運動プログラムを提供する企業や神戸市が提供する「MY CONDITION KOBE」とも連携予定です。

楽しい”食”の体験をお届け

DSC05095.JPG

農業を始めとする一次産業は年々高齢化が進み後継者も不足するなど様々な 問題を抱えており、健康の基本である「食」を支えるためにも新たな取り組みが 必要とされています。

 

本サービスは企業様の取組み自体が地域の食文化を支え地域活性化にも直結。 都会と農地が繋がる仕組みで地域も健康になっていく事を目指します。

自然な形での地域貢献

 

さらにこんなメリットも!

経済産業省が制度設計、日本健康会議が認定する、「健康経営優良法人」の認定基準を満たす可能性があります。※

【健康経営優良法人 2019(中小規模法人部門)の認定基準】より関係部分を抜粋

<詳細番号と弊社のサービスの対応>

⑤管理栄養士による食生活改善に資するセミナーの実施

 

⑦スープを飲みながら、気軽な「朝食ミーティング」の開催。始業から効率よく仕事を開始。残業代を減らす効果も

⑩美味しいスープや、生産者を知ることで野菜を食べる習慣を

 

⑪農地訪問と運動を結び付ける事で、楽しみながら運動が出来る。

※「健康経営優良法人認定制度」とは、健康経営に取り組む企業等の「見える化」をさらに進めるため、上場企業に限らず、未上場の企業や、医療法人等の法人を「健康経営優良法人」として認定する制度です。

※弊社サービスが認定を保証するわけではありません。

 
 
Farm to Office
Kobe ​
費用​について

      月額固定費用

スープ料金に対する企業様負担の割合に応じて変動します。

 

case1  スープ費用の半額負担→月額30,000円(税別)

case2  負担なし→月額50,000円(税別)

 

 

なお、月額固定費用には

1スープ(月3回)の補充。

22か月に一度、御社ご担当者様からの要望をヒアリング

3、要望に基づき、セミナー企画や農地訪問の提案

※実施ベースの目安としては2~3か月に一度

が含まれています

        サービス利用料

1スープ1杯=400円(税別)

在庫(納品時に確認)から減った分を次回納品時に確認し、月末に締めてご請求させて頂きます。※賞味期限切れは含みません。

 

2農地訪問ツアー等の参加費

内容によって変化しますが、基本的に現地最寄駅までは 各自ご負担いただき、残りの費用をご負担頂きます。

 

3オフィスでの野菜購買費用

送料+野菜ボックスの費用、となります。どの商品、サービスも一般利用に比べて20~30%前後価格を押さえて提供させて頂きます。

※その他詳細は要相談

サービス開始​までの流れ

お問い合わせ、

ヒアリング

お電話、メールでお気軽にお問合せください。

弊社より御社にお伺いしご説明させて頂きま す。(スープの試食可※数量は限定)

サービスの

​導入

開始時期、スープ納品数量の決定を行います。

それに基づき、弊社より必要備品の設置を行います。

サービスの

​開始後

◇スープの納品(発注は必要ありません)

◇打ち合わせ(2か月に一度)

◇食のセミナーなど企画の開催(事前に費用確認)

 
050-3187-6112     info@igacreate.com
​まずはお気軽にお問い合わせください。
​資料請求はこちらのフォームをご記入の上、送信ボタンを押して下さい。