TEL: 078-855-8488
 

​ホーム > 健康経営

健康経営について
 

社員の健康に積極的に投資する事で、労働生産性の向上・健康を損なう事による経営リスクの防止・雇用の安定といった効果を通じて、企業の価値を向上させる取組。


アブセンティーズム (病欠、病気休業している状態)、プレゼンティーズム (何らかの疾患や症状を抱えながら出勤し業務遂行能力や労働生産性が低下している状態) が企業の大きな損失となっているため、健康経営によりそれらのリスクを減らすことが目標のひとつとなっています。

プレゼンティーズムがコストの大半を占めています。アメリカの先行研究において健康リスクの該当数が多くなればなるほど損失額が大きくなる傾向。

​ホーム > アブセンティーズムと食生活改善

アブセンティーズムと食生活改善
厚生労働省 平成30年人口動態統計月報年計(概数)の概況より
  1. 日本人の死亡原因の約半数は生活習慣病。

  2. 若年層でも増加傾向。肥満などリスクも。

  3. 良い習慣は早くから身につける必要がある。

老若男女問わず

生活習慣を改善すべき

適切な食行動」は生活習 慣病の予防や改善につながり、企業のアブセンティー ズムの抑制に寄与します。

また「休憩・気分転換」の中にも「飲食」が含まれており、仲間との食事はより良いコミュニケーションの手段となり得ます。それらはメンタルヘルスの 不調の予防・改善、心身症の予防・改善につながりプレゼンティーズムの抑制に寄与します。

必ずおこなう食事にアプ ローチする事で効率よく 「健康意識」を高めます。

​プレゼンティーズムと食生活改善

​ホーム > プレゼンティーズムと食生活改善

 

​ホーム > 大人の食育とは

大人の食育とは

様々な経験を通じて、「食」に関する知識と、バランスの良い「食」を選択する力を身に付け、健全な食生活を実践できる力を育むことです。 (政府広報オンラインより)

2005年成立の食育基本法では「生きる上での基本であって、知育、徳育及び体育の基礎となるべきもの」と位置づけられています。

食育とは

食育で育てたい「食べる力」

  • 心と身体の健康を維持できる。

  • 食べ物の選択や食事作りができる。

  • 日本の食文化を理解し伝えることができる。

  • 食事の重要性や楽しさを理解する。

  • 一緒に食べたい人がいる。(社会性)

  • 食べ物をつくる人への感謝の心。

(政府広報オンラインより)

この考え方を

企業の健康経営と結び付けたものが大人の食育です。

​ホーム > 地域貢献のしくみ

自然な形での地域貢献。SDGsの取組としても。

SDGs11「住み続けられるまちづくりを」の達成を目指します

農業を始めとする一次産業は年々高齢化が進み後継者も不足するなど様々な問題を抱えており、健康の基本である「食」を支えるためにも新たな取り組みが必要とされています。

 

本サービスは企業様にご利用頂けば頂くほど、地域の食文化を支え地域活性化にも直結していきます。

 

持続可能な社会を世界レベルで実現するために国連で合意された「SDGs」。市民、企業、投資家など様々なレベルで取り組みが始まっています。

 

私たちはこのサービスを通じて目標3「すべての人に健康と福祉を」、目標2「飢餓をゼロに(持続可能な農業を推進する)」に貢献し、目標11「住み続けられるまちづくりを」の達成を目指しています。

 

​ホーム > 社員が喜ぶ福利厚生

社員が喜ぶ福利厚生
 
人材定着、​採用の強化にも

​ホーム > 人材定着・採用の強化

新卒者、その親を対象にしたアンケート結果で

「従業員の働き方に注意を払っている」「福利厚生に力を入れている」

といった項目が上位を占めるなど健康経営推進は雇用戦略上もますます重要度を増しています。

表:経済産業省「健康経営の推進について」より

「食育」に興味があると答えた人は77%

食育への関心度は「関心がある」は27.5%で、「どちらかといえば関心がある」(49.5%) を合わせた《関心がある》の割合は77.0%となっています(アンケートは20~69歳の男女が対象)

問11.食育への関心度(地域別)

 
平成30年食生活と農林漁業体験に関する調査(農林水産省)

​学んで、感じて、食べて、楽しむ。

大人の食育

健康経営を始めてみませんか?

食を通じて、働く人も地域も元気にしていくネットワーク

Farm to Office Kobe をあなたのオフィスに

導入​してみませんか?

まずはお気軽にお問い合わせください。

078-855-8488
 info@igacreate.com
​資料請求はこちらのフォームをご記入の上、送信ボタンを押して下さい。
お問い合わせ
​株式会社イガクリ
078-855-8488
info@igacreate.com
​資料請求はこちら